会社経営に重要な企業法務の資格について

会社経営において、必ず必要ともいえる企業法務。この資格を取得するためには、どのようなおとを抑えておくべきなのでしょうか。

会社経営者からも必要とされる法務では、まず弁護士資格を取得しておくべきです。法務関連の資格として最高峰ともいわれている国家資格になります。会社で業務のすべてを行う権限が認められる資格になります。弁護士になるためには、司法試験に合格してから司法研修所に入所。そしてそこで約1年間の司法修習を修了することになります。受験可能な期間が受験資格を取得した日の後から最初の4月1日から5年間と定められています。最近では企業の中で活躍する弁護士が多くなってきています。

ここ10年で計算して10倍以上の数に増加しているといわれているのです。司法修習終了後に、法律事務所に入るということではなくそのまま企業に就職する司法修習生も増えています。弁護士資格は企業内において法務職としての就職を希望する人たちにとっては、自分の持っている能力をアピールする武器として最大のものになります。行政書士やビジネス実務法務検定などの資格を有する者も、企業法務ではかなり有利になり採用率が高くなります。またビジネスコンプライアンス検定や、個人情報弁護士なども含まれます。法務関連の仕事に就きたい場合には、これらの資格を取得しておく必要がありますし、企業側に最大限にアピールするときの武器になります。

また、資格を取得することで、今後の自分のキャリアの形成にも役に立つものになります。専門知識を有してる人材を企業側は求めていることを念頭に置いておきましょう。