会社経営の企業法務とは

会社経営はとても能力や労力などを多く使うものです。会社経営の中で、法務部という部署が存在しますが、企業法務というものは、その事業活動で発生する法律の問題などの対応や指導、そして交渉支援、規約起案などを受け持つものになります。

大企業などの会社経営をしているほとんどが法務部門というものが置かれています。コンプライアンスや契約書の審査そして訴訟などの対応などを中心にして活動をしています。また、大企業ではなく小規模企業であっても、名前は違いますが総務部や企画部門などといった名称で法務部と同じ役割をしている部署を設けてあります。仕事内容として、契約や取引などを行いますが詳しい内容は、企業の活動において売買契約そして秘密保持契約、業務委託計画などがあります。

それぞれをチェックしていく仕事になりますが、国内の契約に限らず海外との契約内容をチェックする人もいます。組織法務は企業の活動に関しては欠かせないものになります。定期的に行われる株主総会、取り締まり役会など株式に変わるいろいろな法的業務があり、時には子会社の設立などにも手を貸します。コンプライアンス、法令尊守というものですが企業や経営者そして役員や従業員たちの法律に関するリテラシーが問われるものになります。特に、社員たちの法務研修や会社内の法律相談窓口などとして行う場合もあります。企業が活動する環境は、時代の流れとともに変わっていくものです。

時には法的なトラブルや不祥事といったことも起こってしまいます。それに対応する専門知識をもった人間が会社側に必要になってきている今の時代では、企業法務というものは無くてはならない存在になっていると言えるでしょう。

参照資料<企業法務に強い顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所>