会社経営における企業法務の中途採用について

会社経営をしている人が頼りにしているのは、企業法務です。会社が大きくなればなるほどに様々なトラブルに巻き込まれてしまう場合もありますし、法的な問題にも遭遇します。そのような場合に会社経営者が頼るのは法務の人間なのです。会社経営の重要ポストともいえる法務への転職には転職エージェントと言われる人と仲良くなることです。

そして法務の求人を多く紹介してもらい応募してく形が一番いいと考えます。実際では企業法務の求人はとても少ないのが現状ですが、いろいろな転職サイトや雑誌などでは、いくつか求人を行っている会社もあります。また、法務の仕事は以外に人気があるので倍率はかなり高くなってしまいますので公開されている求人に応募することは、激しい戦いになってしまいます。

しかし転職エージェントを通して探してくと、表には出ていない非公開求人というものをわかっているので、それを紹介してもらえます。企業法務の場合は、転職エージェントを通して応募していく形が有利になるのです。法務関係の転職活動などを多くサポートしているエージェントさんなら、いろいろなノウハウをたくさんもっていますので、どのようにしたら中途採用してもらえるのかなどの多くのアドバイスを受けることができます。

実際自分では限界がある転職ですが、自己で応募するよりもはるかに幅が広がりますし採用されやすいものになります。そのほかには、今の時代ではSNSなどを利用して弁護士さんや法務部員さんなどと親しくなって自分のことを売りこんでいく手法をとる人もいます。実際にツイッターなどでも法務部の募集をしているのですが、といった内容のものがされています。

会社経営に重要な企業法務の資格について

会社経営において、必ず必要ともいえる企業法務。この資格を取得するためには、どのようなおとを抑えておくべきなのでしょうか。

会社経営者からも必要とされる法務では、まず弁護士資格を取得しておくべきです。法務関連の資格として最高峰ともいわれている国家資格になります。会社で業務のすべてを行う権限が認められる資格になります。弁護士になるためには、司法試験に合格してから司法研修所に入所。そしてそこで約1年間の司法修習を修了することになります。受験可能な期間が受験資格を取得した日の後から最初の4月1日から5年間と定められています。最近では企業の中で活躍する弁護士が多くなってきています。

ここ10年で計算して10倍以上の数に増加しているといわれているのです。司法修習終了後に、法律事務所に入るということではなくそのまま企業に就職する司法修習生も増えています。弁護士資格は企業内において法務職としての就職を希望する人たちにとっては、自分の持っている能力をアピールする武器として最大のものになります。行政書士やビジネス実務法務検定などの資格を有する者も、企業法務ではかなり有利になり採用率が高くなります。またビジネスコンプライアンス検定や、個人情報弁護士なども含まれます。法務関連の仕事に就きたい場合には、これらの資格を取得しておく必要がありますし、企業側に最大限にアピールするときの武器になります。

また、資格を取得することで、今後の自分のキャリアの形成にも役に立つものになります。専門知識を有してる人材を企業側は求めていることを念頭に置いておきましょう。

会社経営の企業法務とは

会社経営はとても能力や労力などを多く使うものです。会社経営の中で、法務部という部署が存在しますが、企業法務というものは、その事業活動で発生する法律の問題などの対応や指導、そして交渉支援、規約起案などを受け持つものになります。

大企業などの会社経営をしているほとんどが法務部門というものが置かれています。コンプライアンスや契約書の審査そして訴訟などの対応などを中心にして活動をしています。また、大企業ではなく小規模企業であっても、名前は違いますが総務部や企画部門などといった名称で法務部と同じ役割をしている部署を設けてあります。仕事内容として、契約や取引などを行いますが詳しい内容は、企業の活動において売買契約そして秘密保持契約、業務委託計画などがあります。

それぞれをチェックしていく仕事になりますが、国内の契約に限らず海外との契約内容をチェックする人もいます。組織法務は企業の活動に関しては欠かせないものになります。定期的に行われる株主総会、取り締まり役会など株式に変わるいろいろな法的業務があり、時には子会社の設立などにも手を貸します。コンプライアンス、法令尊守というものですが企業や経営者そして役員や従業員たちの法律に関するリテラシーが問われるものになります。特に、社員たちの法務研修や会社内の法律相談窓口などとして行う場合もあります。企業が活動する環境は、時代の流れとともに変わっていくものです。

時には法的なトラブルや不祥事といったことも起こってしまいます。それに対応する専門知識をもった人間が会社側に必要になってきている今の時代では、企業法務というものは無くてはならない存在になっていると言えるでしょう。

参照資料<企業法務に強い顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所>